×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

審美歯科の治療

審美歯科(しんびしか)とは何でしょうか?
審美歯科とは、一般の歯科と比べて焦点を美しさに当てた総合的な歯科医療分野のことをいいます。
機能的な側面と、審美的な側面を持った我々の歯は、どちらも健康に関しては重要なのです。
歯周病や虫歯といったことが歯の悩みとして思い浮かんできますが、歯並びが整っているか、綺麗な白い歯であるかどうかで人の印象は大きく変化します。歯並びやきれいな白い歯に治療するのは審美歯科です。
きれいな歯並びや健康的な歯は他人の印象を良くし、本人にとっても自身になりますね。
虫歯などのネガティブな治療でなく、ポジティブに積極的に美しい歯にしようとすることが審美歯科なのです。
審美歯科の目標は、歯だけでなく、歯肉にも注目し、そのひと本来の美しい笑顔を手に入れることも考えています。
具体的な審美歯科の内容は、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、セルコン、その他特殊材質による人工歯などです。

審美歯科と美容歯科

審美歯科と美容歯科では何が違うのでしょうか。
どちらにも『美』という字が付いていますので、どちらも同じ意味のように思われがちですが実際は違うようですね。
審美歯科は歯の機能回復を目的とし、治療結果にきれいな歯並びや、美しい口元、そして美しい笑顔を手に入れることを目標にしています。
そしてその治療結果が長期間保つことを目的としています。
審美歯科はあくまで歯の機能を回復するためにおこなう治療であり、見た目の美しさだけのために実施する治療ではありません。
審美歯科では歯の機能改善が目的ですから、美容と異なり、男女問わずに治療を実施しています。
美容歯科は、美容外科・美容整形外科に併設されている歯科での治療をさすことが多いですが、以前は根本的に美容歯科と審美歯科は異なると解釈されていましたが、最近ではどちらかといえば医院によって差があるというのが現状のようです。
歯の美容を考えた時、審美歯科と美容歯科という2つの解釈が考えられます。
口元だけの審美だけでなく、 顔の美容にも効果のある歯科治療を行うということです。

審美歯科と歯列矯正

初対面の人と会話する時、その人のどこに目がいくか?の調査では、半数近くの人たちが、「口元」と答えています。
歯並びIが他人に対して与える影響はかなり大きいようですね。
歯並びを矯正して、綺麗な歯並びにするための歯科治療法が歯列矯正です。歯並びが悪いと、歯が磨きにくいため虫歯になりやすいですね。
また、笑顔の際に歯並びがきになって自然な笑顔が作れないといったこともあります。
審美歯科でも、歯列矯正は重要な歯科治療となっています。歯列矯正による効果は、歯並びの矯正で口の中の環境改善とともに、審美的な効果があげられます。
子供の場合、歯並びが悪く咬み合わせが問題になると、身体的成長や、脳の働き、情緒形成、コミュニケーション能力にまで影響を与えてしまう恐れがあるといわれています。それほど歯並びは重要な要素なのです。
子供の歯列矯正では、男女を問わずに歯列矯正用の器具をはめ治療しているようですが、審美的な目的もあるでしょうね。
噛みあわせが良くなりよく噛め、健康的になれ、審美的に美しくなる、歯列矯正は重要な審美歯科の治療ですね。

Copyright © 2008 審美歯科の治療